スポーツの雑学・豆知識

野球、サッカー、球技、格闘技、その他スポーツについての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

球場の歩き方

 野球場が好きだ。

 一体何が好きなのか。おそらくその構成する全てが私の本能を燻るのだ。なにも"野球を観る"事だけが全てではない。野球場の雰囲気、ナイターでのカクテル光線、一投一打への歓声、グラウンドの芝生、スコアボード、売店、売り子の"ビールいかがですかぁ"の掛け声、野球場へ行くまでの道程・・・1つずつ数え出したら恐らくきりがない上に、更に細かく詳細を話したくなってしまう。野球場は興奮そのものだ。

 野球は物心ついた頃からテレビで見ていた。父にメモ用紙に守備の位置と名前が分かるように書いてもらい、一生懸命覚えたものだ。中継は毎日のように流れる読売戦しか見られなかったが、次第に選手名を覚えていく。野球は少年の心を確実に掴んだ。

 野球を好きになって初めて、筆者は生で選手を見る機会に恵まれた。野球場への感動も味わった一日であった。
 初めて訪れたのは1990年4月のこと。ロッテ×西武のデーゲーム。当時まだ少年だった筆者にはひとりで野球観戦に行く術もなければ小遣いもない。頼りとなるのは父親の存在だけであった。この日のチケットも父の知り合いから譲り受けたものだ。

 JR川崎駅から川崎市営バスに乗る。市役所通りの並木道がまるで参道のように迎えてくれる。暢気なもので既に試合は始まっている時間だ。父がバスの運転手にこのバスが川崎球場に行くかと聞く。野球場の場所も知らない少年にとっては全てが未知の世界であり、わくわくする気持ちで足取りも速くなる。

 バスは市役所通りを東へ進む。10分もしないくらいで父は私を連れて降りた。どうやら着いたらしい。川崎球場のクリーム色の壁と照明塔が目に入ってきた。更には中から歓声が聞こえる。試合が始まっているので周辺は人気もない。ただ、ファンコーナーと呼ばれるグッズの売店の人がいるだけだ。

 父は自分から野球を見に行く人間ではなかった。チケットを譲り受けた時くらいしか重い足を動かそうとはしない。それ故、今でこそ外野席に1,500円程あれば入場できる事を知っているが、野球観戦に行く事など高嶺の花だと思っていた。

 川崎は自宅からも近く、今思えばもっと足を運んでおくべき野球場だった。初めて観戦したあの日が、まさか一生のうち最初で最後の川崎球場での観戦になろうとは知る由もない。少年は父に買って貰った選手名鑑を片手に、クリーム色に立ち聳える野球場の中へと向かった。

 チケットを差し出し入場する。初めて見た野球場とは面白い場所だった。何だか薄暗い場所に、所々に椅子が置いてある。煙草を吸う人を横目に少年は父に連れられ階段を上る。ゲートを潜った先にはテレビでしか見た事のない野球場とプロの選手たち。青い空とスタンドの熱気。野球を好きな人だけが集まっているまさに夢のような場所だ。

 筆者は持っていたチケット通り1塁側内野席に座った。

 たまたま座った席の後ろに大きな声で野次を飛ばすオジサンが二人座って、ビール片手にオリオンズを応援していた。「西村君!よく走った!」などと言っている。オジサンは筆者にも声をかけてきた。幼い少年は怒られるのかと思ったが、何やらいろいろと応援フラッグや選手名鑑などグッズをくれた。今となっては貴重なオリオンズの旗だ。

 後から知ったが、川崎球場のある川崎という街はもともと工場の街だ。この川崎球場も工場の従業員たちにとっての娯楽施設であったのだ。労働の場所に隣接して娯楽施設があるというのは当時理想の形であった。他の野球場にはない全く違った雰囲気だ。さっきのオジサンたちもきっと工場の人たちなんだろう。そのギャップに幼いながらも肌で感じ取ることができたのは幸せだった。

 しかしロッテが川崎に本拠を置いていた時代は正直言って不運な時代だった。工場の労働体系も時代が変われば変わるものであり、機械の発達、電子や化学の発達で"機械の時代"になる過渡期であった。次第に人間は現場で働くのではなく、現場を動かす身分へと変わっていったのだ。
 川崎も同じで、川崎の工場で働く人口は年々減少をたどる。人口が減れば娯楽を求める人口も相対的に減少する。川崎球場からも年々人が減っていった。不運だったのは球場の老朽化もあるだろう。とてもお世辞にもキレイな球場だとは言えなかった。

 その日、川崎球場で試合を見た後、少年の心は躍っていた。とても幸せだったし、満足だった。帰り際にファンコーナーで選手のサインボールを買って貰った。バスの中で何度も中身を見ては微笑んだ。野球を見に来たことが本当に楽しくて仕方なかった。
 その日の夜、テレビをつけてニュースを見ると、試合結果を放送している。先程まであの同じ空間に居たことがまた夢のように思えてくる。

 翌日、小学校のクラスで朝の"出来事発表コーナー"みたいな時間に川崎球場の事をクラスで話した。本当に嬉しかった。野球場に入った瞬間の事、青々とした空の下でプレーする選手たちの事・・・
 少年の頃の思い出だが一生忘れられないだろう。

 

 あれから何年の時が過ぎただろうか。思い出の川崎球場に行ってみた。

 あの熱気あふれるスタンドはもう今はない。はやる気持ちを抑えながら上った階段も、サインボールを買って貰ったファンコーナーもない。グラウンドそのものだけが軟式野球場として生き残っているだけだ。スタンドの跡に土手が出来上がり、僅かな観戦席がある。少年の頃見た景色は僅かな面影を残して第二の生涯を歩み始めた。時代は流れているのだ。昭和の匂いすら感じさせる照明塔が、今もなお、数々のドラマを生んだグラウンドを見守り続けている。

 今もどの野球場へ行くときもこの気持ちは変わらない。ゲートを潜り、スタンドとグラウンドが見える瞬間はいつの時代になっても変わらないものだ。その感動を味わいたい、そして誰かに伝えたくなる。だから野球場に足を運ぶのだろう。それぞれの野球場にそれぞれの顔がある。別の感動がある。

 本編はその感動を行った事がある人もない人にも少しでも伝えていきたい上に、初めて行く人が分かるようなガイドブック的なものにしたいと思い作成した。一緒に野球場の歩き方を感じ取っていただきたい。

 

県立鴨池野球場の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

鹿児島県鹿児島市の鴨池公園内に所在する野球場で、鹿児島県のメインスタジアム。 鹿児島市には1928年より市営の鴨池市民球場が存在し、そこでプロ野球の公式戦やキャンプなどが行われていたが、1972年に予定された国体にて本格的な野球場の建設が求められる…

藤崎台県営野球場の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

熊本県熊本市の熊本城公園内に所在する野球場で、熊本県のメインスタジアム。 球場が所在する藤崎台は熊本城公園の一部で、この場所にはかつて藤崎八幡宮が存在した。神社は西南戦争で焼失したが、その後国体を機に高校野球の試合が開催できる野球場の建設が…

長崎ビッグNスタジアム (長崎県営野球場)の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

長崎県のメインスタジアム。元々この場所には1951年に開業した市営の大橋球場が存在し、アマチュア野球をはじめプロ野球の公式戦も開催されてきた。 その後老朽化が進んだため、県に移管して改築する事となり、1997年にリニューアルオープン。九州の中でもト…

みどりの森県営球場 (県立森林公園野球場)の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

佐賀県立森林公園内にある野球場で、佐賀県のメインスタジアム。この森林公園は傍を流れている嘉瀬川の改修事業の際に、旧河川敷を広域公園として整備したもので、これを機に県営球場の建設がなされた。 公募により愛称をみどりの森県営球場とする事となり、…

平和台野球場の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

かつて西鉄ライオンズが本拠地としていた野球場。福岡城址の中に建設され、1949年に完成した。 西鉄の黄金期には大盛況であったが、晩年に黒い霧事件が発覚してからは観客数も激減。 西鉄から太平洋クラブ、クラウンライターと移り変わってからも本拠地とし…

福岡ドーム(福岡 ヤフオク!ドーム)の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

正式名称は福岡ドーム。福岡ソフトバンクホークスの本拠地で、日本で唯一開閉式の屋根があるドーム球場。 それまでのダイエーホークスの本拠地・平和台球場から1993年に移転。日本では東京ドームに次ぐ二番目のドーム球場。 アジア太平洋博覧会開場の跡地に…

雁の巣レクリエーションセンター野球場の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

福岡県福岡市の雁の巣レクリエーションセンターに所在する野球場。福岡市の所有で、開業から2015年シーズンまでダイエー・ソフトバンクが二軍の本拠地および練習場として使用していた。 2016年よりソフトバンクの二軍は筑後へ移転したため、本拠地としての使…

北九州市民球場の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

福岡県北九州市に所在する球場で、福岡ソフトバンクホークスの準本拠地。近年では年に2試合程度開催される。 1958年の開場で、当初は小倉球場といった。福岡・平和台球場に本拠地を置いていた西鉄ライオンズの準本拠地で、年間20試合ほども開催されていた経…

県立春野運動公園野球場の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

高知市の中心部から車で約30分のところにある春野運動公園内の野球場。県内では最大級のスタンドを持つ野球場で、開場した1979年から2003年まで西武ライオンズが一軍の春季キャンプを行っていた。 西武は2004年に宮崎県・南郷にキャンプ地を変更したため、以…

坊っちゃんスタジアム (松山中央公園野球場)の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

愛媛県松山市の松山中央公園内にある野球場。正式名称は松山中央公園野球場といい、県内のメインスタジアムである。 愛称の「坊ちゃんスタジアム」というのは一般公募によるもので、松山市を舞台にした夏目漱石の小説「坊ちゃん」が基になっている。 県内は…

四国コカ・コーラボトリングスタジアム丸亀 (丸亀市民球場)の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

香川県丸亀市の野球場。プロ野球のオープン戦や二軍戦をはじめ、四国アイランドリーグplusの公式戦、高校野球の予選など幅広く使用されている。 丸亀市には1950年代にプロ野球も行われた事のある丸亀市城内グラウンドという球場が存在していたが、老朽化に伴…

レクザムスタジアム (香川県営野球場)の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

正式名称は香川県営野球場。高松といえば讃岐うどんだが、その讃岐うどんのセルフ売店が球場内に存在する野球場が全国にただ一つ、ここにある。 松山や倉敷などで球場に愛称をつける事が一種の流行になっていた際に香川県でも名称を募集。県の小豆島の特産品…

オロナミンC球場(鳴門総合運動公園野球場)の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

徳島県鳴門総合運動公園内に所在する野球場。四国アイランドリーグの徳島インディゴソックスが発足当時に本拠地として使用していた。 開場は1973年で、1993年の東四国国体に合わせて改修工事が行われている。 2007年より、運動公園全体で命名権を導入し、鳴…

下関球場の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

本州の最西端・山口県下関市のメインスタジアムで、下関北運動公園内にある。 下関にはかつて市営の下関球場(現球場とは別物)があり、親会社の大洋漁業(現・マルハ)が本社を置いていた関係で、1950~52年まで大洋ホエールズ(現・横浜ベイスターズ)が本…

ユーピーアールスタジアム (宇部市野球場)の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

山口県宇部市に所在する恩田運動公園内の野球場。正式名称は恩田運動公園野球場といい、通称で宇部市野球場という。 開場は1941年と古く、当初は球場名も宇部市営恩田野球場といった。1998年に改装され、現在の姿になっている。 2011年からは、宇部に本社機…

周南市野球場 (津田恒美メモリアルスタジアム)の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

山口県周南市に所在する周南緑地運動公園内にある野球場。1971年の開場で、当時は行政名が徳山市であったため徳山市野球場といった。2003年に徳山市が合併し、周南市になったことにより、球場名も併せて変更された。 過去には公式戦を開催していたが、1990年…

由宇球場 (広島東洋カープ由宇練習場)の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

広島東洋カープの二軍本拠地で、正式には広島東洋カープ由宇練習場という。1993年の開場以来ここを本拠地としている。 それまでのカープの二軍は主に福山市に所在する、みろくの里・神勝寺球場を使用していたが、一軍が本拠を置く広島市と距離的に離れている…

佐伯総合スポーツ公園野球場の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

「生活するようにスポーツする」をコンセプトに造られた佐伯総合スポーツ公園の中に所在する野球場。完成は1995年と新しい。 「生活するようにスポーツする」をコンセプトに造られた佐伯総合スポーツ公園の中に所在する野球場。完成は1995年と新しい。 廿日…

マツダ Zoom-Zoom スタジアム広島 (広島市民球場)の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

2009年4月に開場した広島県のメインスタジアム。広島東洋カープの本拠地で、正式名称は広島市民球場という。 それまでの旧広島市民球場の老朽化に伴い、新球場の建設案が浮上。旧球場の建て直し案も練られたが、土地の問題もあり、広島駅東のJR貨物ヤード…

広島市民球場の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

2008年シーズンまで広島東洋カープが本拠地としていた野球場。 それまでカープは広島総合球場(現・広島総合グラウンド)を本拠地としていたが、ナイター設備もなければ収容人数も確保できないとの事で、新球場の建設が求められた。 そこで広島市が市街地の…

呉市営二河球場の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

広島県呉市の二河公園に所在する野球場。開場は1951年であるが、1993年に改修されて現在に至る。 1993年の改修後、広島東洋カープ主催の公式戦やオープン戦が年1回程度行われており、地理的に広島市からも近い事もあり毎度盛況である。 今でこそ広島の主催試…

やまみ三原市民球場 (三原市民球場)の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

広島県三原市の三原運動公園に所在する野球場。開場は1992年で、以来高校野球の予選などで使用されてきた。 長らくプロ野球の開催はなかったが、2014年にフェンスとスコアボードをリニューアルした記念に、初のプロ野球開催となる広島×中日のウェスタンリー…

三次きんさいスタジアム (みよし運動公園野球場)の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

広島県三次市に所在する野球場。みよし運動公園内に位置し、2009年4月に開業した。正式名称はみよし運動公園野球場。 三次市には元来、三次市営球場があり、高校野球の予選などを中心に使用されてきた。プロ野球も1957年に広島×国鉄が行われたが、これを最後…

しまなみ球場 (県立びんご運動公園野球場)の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

広島県尾道市に所在する野球場。正式にはびんご運動公園野球場という。 "しまなみ球場"とは愛称で、一般公募された。"しまなみ"とは近くの瀬戸内海の"島並"の事で、他にも尾道を基点としている道路・西瀬戸自動車道もしまなみ海道と呼ばれている。 開場は200…

福山市民球場 (福山竹ヶ端運動公園野球場)の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

広島県福山市の竹ヶ端(たけがはな)運動公園内に所在する野球場。正式名称は竹ヶ端運動公園野球場というが、建物やチケット、案内ポスターなどには福山市民球場と記載されている。 地域柄、広島東洋カープが毎年のように試合を開催しており、近年では交流戦…

マスカットスタジアム (倉敷スポーツ公園野球場)の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

岡山県のメインスタジアムで、正式には倉敷スポーツ公園野球場という。 1995年の開場で、一般公募により愛称のマスカットスタジアムと命名された。この時代、野球場に愛称を付ける先駆けとなった球場でもある。 マスカットは岡山県の名産で、「外野の芝生が…

いわみスタジアムの概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

島根県邑南町(おおなんちょう)に所在する野球場。開場当初は邑智郡石見町の所有で、球場名も行政名にちなんで命名された。 その後石見町は2004年に周辺3町と合併し邑南町となったものの、球場名称は変更されずに現在に至っている。なお、プロ野球の日程表な…

どらやきドラマチックパーク米子市民球場 (米子市民球場)の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

鳥取県米子市の東山運動公園に所在する野球場。山陰地方では唯一プロ野球の公式戦が行われる。広島東洋カープが隔年で主催試合を行っており、大きな盛り上がりを見せる。 1990年の開場でありながら、フィールドは当時の甲子園球場のラッキーゾーンのサイズに…

県営紀三井寺球場の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

和歌山県和歌山市の紀三井寺公園内に所在する野球場で、和歌山県のメインスタジアム。和歌山市は親会社の南海の沿線である事もあり、過去には南海ホークス主催の一軍公式戦が行われていた。現在ではウェスタンリーグの公式戦が不定期で行われている。 2001年…

佐藤薬品スタジアム (県立橿原公苑野球場)の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

奈良県橿原市に所在する野球場で、奈良県のメインスタジアム。大和三山の一つである畝傍山の麓に位置し、橿原神宮の敷地内に所在するというロケーション。 現在では奈良県の高校野球の県大会は全てこの野球場で行われる。 プロ野球では、開場した1952年に近…