スポーツの雑学・豆知識

野球、サッカー、球技、格闘技、その他スポーツについての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

中国・四国地方の野球場

中国地方は、最大の都市でもある広島に本拠を置くカープが主に公式戦を行ってきた地域。広島県内では福山や呉で多く試合が行われてきた。2000年代に入り、尾道や三次といった都市に新球場ができると、カープも定期的に主催試合を行うようになった。現在ではこれらの球場を持ち回りで開催している。

ただ広島県内での開催が多くなった一方、広島県外においては現在ではあまり行わない傾向にある。

倉敷に球場が出来た当初は広島主催の阪神戦を行っていたが、こちらは今では阪神が主催試合を年に1試合程度開催するのみ。また、海を隔てて近い松山においても、坊っちゃんスタジアムが完成した当時は主催試合を行っていたが、現在ではほとんどがヤクルトの主催である。

また山口県は、隣県の広島カープは勿論の事、親会社の関係で大洋時代から横浜ベイスターズが下関で主催試合を開催してきたが、こちらも現在では親会社がDeNAになった事で全く開催されなくなった。
その代わりに関門海峡を隔てて隣県である福岡ソフトバンクが二軍戦やオープン戦などを行っている。

四国地方はキャンプ地として一時期は名を馳せていたが、現在では宮崎や沖縄にその座を奪われ、二軍のキャンプ地として継続していたりするに留まっている。その影響もあり、オープン戦や公式戦も開催試合が激減。公式戦を行うこと自体が稀になってしまった。

温暖な気候を活かし、自治体には誘致に励んでもらいたいところだ。

県立春野運動公園野球場の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

高知市の中心部から車で約30分のところにある春野運動公園内の野球場。県内では最大級のスタンドを持つ野球場で、開場した1979年から2003年まで西武ライオンズが一軍の春季キャンプを行っていた。 西武は2004年に宮崎県・南郷にキャンプ地を変更したため、以…

坊っちゃんスタジアム (松山中央公園野球場)の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

愛媛県松山市の松山中央公園内にある野球場。正式名称は松山中央公園野球場といい、県内のメインスタジアムである。 愛称の「坊ちゃんスタジアム」というのは一般公募によるもので、松山市を舞台にした夏目漱石の小説「坊ちゃん」が基になっている。 県内は…

四国コカ・コーラボトリングスタジアム丸亀 (丸亀市民球場)の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

香川県丸亀市の野球場。プロ野球のオープン戦や二軍戦をはじめ、四国アイランドリーグplusの公式戦、高校野球の予選など幅広く使用されている。 丸亀市には1950年代にプロ野球も行われた事のある丸亀市城内グラウンドという球場が存在していたが、老朽化に伴…

レクザムスタジアム (香川県営野球場)の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

正式名称は香川県営野球場。高松といえば讃岐うどんだが、その讃岐うどんのセルフ売店が球場内に存在する野球場が全国にただ一つ、ここにある。 松山や倉敷などで球場に愛称をつける事が一種の流行になっていた際に香川県でも名称を募集。県の小豆島の特産品…

オロナミンC球場(鳴門総合運動公園野球場)の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

徳島県鳴門総合運動公園内に所在する野球場。四国アイランドリーグの徳島インディゴソックスが発足当時に本拠地として使用していた。 開場は1973年で、1993年の東四国国体に合わせて改修工事が行われている。 2007年より、運動公園全体で命名権を導入し、鳴…

下関球場の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

本州の最西端・山口県下関市のメインスタジアムで、下関北運動公園内にある。 下関にはかつて市営の下関球場(現球場とは別物)があり、親会社の大洋漁業(現・マルハ)が本社を置いていた関係で、1950~52年まで大洋ホエールズ(現・横浜ベイスターズ)が本…

ユーピーアールスタジアム (宇部市野球場)の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

山口県宇部市に所在する恩田運動公園内の野球場。正式名称は恩田運動公園野球場といい、通称で宇部市野球場という。 開場は1941年と古く、当初は球場名も宇部市営恩田野球場といった。1998年に改装され、現在の姿になっている。 2011年からは、宇部に本社機…

周南市野球場 (津田恒美メモリアルスタジアム)の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

山口県周南市に所在する周南緑地運動公園内にある野球場。1971年の開場で、当時は行政名が徳山市であったため徳山市野球場といった。2003年に徳山市が合併し、周南市になったことにより、球場名も併せて変更された。 過去には公式戦を開催していたが、1990年…

由宇球場 (広島東洋カープ由宇練習場)の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

広島東洋カープの二軍本拠地で、正式には広島東洋カープ由宇練習場という。1993年の開場以来ここを本拠地としている。 それまでのカープの二軍は主に福山市に所在する、みろくの里・神勝寺球場を使用していたが、一軍が本拠を置く広島市と距離的に離れている…

佐伯総合スポーツ公園野球場の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

「生活するようにスポーツする」をコンセプトに造られた佐伯総合スポーツ公園の中に所在する野球場。完成は1995年と新しい。 「生活するようにスポーツする」をコンセプトに造られた佐伯総合スポーツ公園の中に所在する野球場。完成は1995年と新しい。 廿日…

マツダ Zoom-Zoom スタジアム広島 (広島市民球場)の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

2009年4月に開場した広島県のメインスタジアム。広島東洋カープの本拠地で、正式名称は広島市民球場という。 それまでの旧広島市民球場の老朽化に伴い、新球場の建設案が浮上。旧球場の建て直し案も練られたが、土地の問題もあり、広島駅東のJR貨物ヤード…

広島市民球場の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

2008年シーズンまで広島東洋カープが本拠地としていた野球場。 それまでカープは広島総合球場(現・広島総合グラウンド)を本拠地としていたが、ナイター設備もなければ収容人数も確保できないとの事で、新球場の建設が求められた。 そこで広島市が市街地の…

呉市営二河球場の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

広島県呉市の二河公園に所在する野球場。開場は1951年であるが、1993年に改修されて現在に至る。 1993年の改修後、広島東洋カープ主催の公式戦やオープン戦が年1回程度行われており、地理的に広島市からも近い事もあり毎度盛況である。 今でこそ広島の主催試…

やまみ三原市民球場 (三原市民球場)の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

広島県三原市の三原運動公園に所在する野球場。開場は1992年で、以来高校野球の予選などで使用されてきた。 長らくプロ野球の開催はなかったが、2014年にフェンスとスコアボードをリニューアルした記念に、初のプロ野球開催となる広島×中日のウェスタンリー…

三次きんさいスタジアム (みよし運動公園野球場)の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

広島県三次市に所在する野球場。みよし運動公園内に位置し、2009年4月に開業した。正式名称はみよし運動公園野球場。 三次市には元来、三次市営球場があり、高校野球の予選などを中心に使用されてきた。プロ野球も1957年に広島×国鉄が行われたが、これを最後…

しまなみ球場 (県立びんご運動公園野球場)の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

広島県尾道市に所在する野球場。正式にはびんご運動公園野球場という。 "しまなみ球場"とは愛称で、一般公募された。"しまなみ"とは近くの瀬戸内海の"島並"の事で、他にも尾道を基点としている道路・西瀬戸自動車道もしまなみ海道と呼ばれている。 開場は200…

福山市民球場 (福山竹ヶ端運動公園野球場)の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

広島県福山市の竹ヶ端(たけがはな)運動公園内に所在する野球場。正式名称は竹ヶ端運動公園野球場というが、建物やチケット、案内ポスターなどには福山市民球場と記載されている。 地域柄、広島東洋カープが毎年のように試合を開催しており、近年では交流戦…

マスカットスタジアム (倉敷スポーツ公園野球場)の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

岡山県のメインスタジアムで、正式には倉敷スポーツ公園野球場という。 1995年の開場で、一般公募により愛称のマスカットスタジアムと命名された。この時代、野球場に愛称を付ける先駆けとなった球場でもある。 マスカットは岡山県の名産で、「外野の芝生が…

いわみスタジアムの概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

島根県邑南町(おおなんちょう)に所在する野球場。開場当初は邑智郡石見町の所有で、球場名も行政名にちなんで命名された。 その後石見町は2004年に周辺3町と合併し邑南町となったものの、球場名称は変更されずに現在に至っている。なお、プロ野球の日程表な…

どらやきドラマチックパーク米子市民球場 (米子市民球場)の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

鳥取県米子市の東山運動公園に所在する野球場。山陰地方では唯一プロ野球の公式戦が行われる。広島東洋カープが隔年で主催試合を行っており、大きな盛り上がりを見せる。 1990年の開場でありながら、フィールドは当時の甲子園球場のラッキーゾーンのサイズに…