九州・沖縄地方一覧

プロ野球の本拠地としては、1950年に西鉄クリッパースと西日本パイレーツがプロ野球参入時に平和台球場を本拠としたのが始まりで、翌年その2球団が合併して西鉄ライオンズとなり数々の歴史を刻んだ。

その後西鉄ライオンズは太平洋クラブ、クラウンライターを経たが、1978年の身売りで埼玉へ移転となったため、九州ではプロ野球チームが存在しない格好となってしまった。

ライオンズが西武に移転した後も福岡での野球熱は相当なもので、「平和台野球株式会社」なるものを設立。移転後の公式戦開催を支援し、年間20試合ほどの開催を行った。

その後1988年にホークスを買収し、福岡にプロ野球本拠地が復活し現在に至る。

近年では九州新幹線の開業もあり、熊本や鹿児島での開催も定例化。また、宮崎でプロ野球のキャンプを行う球団も増えており、九州での野球熱も盛んになってきている。

<記事になっていない球場>

別大興産スタジアム(大洲総合運動公園野球場)

サンマリンスタジアム宮崎(宮崎県総合運動公園野球場)