スポーツの雑学・豆知識

野球、サッカー、球技、格闘技、その他スポーツについての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

松本市野球場の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

 

 長野県松本市の所有する野球場で、有名な温泉街・浅間温泉の程近くに所在する。

 1926年の開場と古く、当時は長野県の県営球場であった。

 その後、老朽化による全面改築および松本市への移管がなされ、1991年に全面リニューアルされた。

 プロ野球が不定期で開催されており、近年では横浜が主催試合を行っている。その他、BCリーグや高校野球など幅広く使用されている。

 長野のオリンピックスタジアムと並び、県内のメインスタジアムである。

 プロ野球開催球場としてはまだまだ知名度は低いが、立派な設備を誇る野球場だ。

 

基本情報

 

所在地 長野県松本市浅間温泉1-9-1
アクセス JR「松本」駅より
アルピコ交通バス「松本第一高校」下車5分
グラウンド 両翼98m 中堅122m
収容人数 25,000人
駐車場 500台

 

アクセス

【鉄道・バス】

 JR松本駅からは、駅前のバスターミナルよりアルピコ交通バスの横田・信大循環線に乗り、松本第一高校で下車する。下車後はバス停から山側に一本道なので分かりやすい。途中にセブンイレブンもある。

 また、プロ野球開催時には松本駅から臨時シャトルバスも運行される。

ギャラリー 

内野スタンド

 

フィールドは内野が土で外野が天然芝。

 ファールゾーンのみ人工芝が敷かれており、バックネット前にはMATSUMOTOのペイントがある。

 バックネット裏のみ背もたれ付きのセパレートシートで、それ以外の内野席はすべてベンチシート。

 管理が非常に行き届いている印象で、開場から20年近く経った現在でも美しい姿を保っている。

 

外野スタンド

 

外野スタンドは芝生席。

 スタンドの中段に左右の往来が可能な通路が設けられており、行き来しやすい設計になっている。

 フェンスも低く非常に見やすい。

 外野から観戦すると、内野スタンドの後方に山々が迫っており、自然の空気を感じられる。

 

スコアボード

 

 

 バックネット裏はカウント表示と判定表示のみ。放送席ブースが6つ用意されており、使用されていない際にはシャッターにて開閉が可能。

スコアボードは磁気反転式で、打率・スピードガン・本塁打数まで表記可能な本格的なもの。

コンコース

 

コンコースは外部の光が良く入るように設計されており、日中は非常に明るい。コンコースからすぐにゲートがありスタンドへ繋がっている。