スポーツの雑学・豆知識

野球、サッカー、球技、格闘技、その他スポーツについての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

浜松球場の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

 静岡県浜松市の四ツ池公園内の野球場で、浜松市が所有している。

 1979年の開場で、2004年にグラウンドの拡張など、リニューアルがなされている。

 中日ドラゴンズが準本拠地として位置付けており、公式戦のみならずオープン戦も毎年開催している。

 また、かつてはキャンプを行っていた時期もあり、土地柄中日色が強い場所である。

 近年では施設の老朽化も著しく、また、球場内各所で設備上の問題点も多々あるものの、毎試合ほぼ満員となるほどの人気ぶりで、熱狂的なファンが訪れる。

 一軍がナゴヤ球場を本拠地として使用していた時代の雰囲気に通ずるところがあり、長良川球場と並んでコアなファンには人気の高い球場である。 

基本情報

 

所在地 静岡県浜松市上島6-19-1
アクセス 遠州鉄道「遠州上島」駅より 徒歩15分
グラウンド 両翼99.1m 中堅122m
収容人数 26,000人
駐車場 なし

 

アクセス

【鉄道・バス】

 最寄り駅は遠州鉄道の遠州上島駅で、下車後徒歩15分ほど。改札を降りて踏切を左手に行くと、球場まで一本道なので、ルートとしては非常に分かりやすい。

 しかし、如何せん球場までは上り坂なので、時間以上に時間を要するように感じられる。

 ちなみに、上島の駅前には買い出しを出来るような商店はないので要注意。

 

正式には「遠州上島」であるが、駅名標や路線案内には単に「上島」と表記されている。新浜松~遠州上島は所要約10分で150円。

 バスよりも安価ではあるが、プロ野球開催時でも増発などはされない。特に22時を過ぎると1時間に2本しかないので、大混雑である。

 一方、遠鉄バスも球場の付近を走っているので、鉄道組とバス組で大きく分かれる。浜松バスターミナル13番のりばから「豊隆団地旭ケ丘」「萩丘旭ケ丘」「萩丘テクノ都田」のいずれかの行先のバスに乗り、市営グランドで下車。所要約20分で260円なので、運賃は電車よりも高いが、その分歩かなくて済む。 

【自動車・マイカー】

 プロ野球開催時には、四ツ池公園の駐車場は全て関係者用の駐車場や臨時タクシー乗り場にになっているので駐車できない。他の野球場では試合案内に「駐車場はありません」と記載されていても、実際には臨時駐車場がある例もあるが、ここ浜松は皆無である。

 時間貸しコインパーキングを探すよりは、浜松駅付近に停めてから公共交通機関で行くのがベスト。

ギャラリー

 

内野スタンド

 

フィールドは内野が土で外野が天然芝。

 シートはバックネット裏のみ背もたれ付き固定式シートで、その他はロングシートタイプ。所々に席番が表示された座席案内図があるのがなんとも昭和な匂いたっぷり。

 バックネットの支柱が旧式のもので、視界を大きく遮っているのが残念なところ。

 

外野スタンド

 

 

外野スタンドは芝生席で、最後部にコンクリートの石段席がある。公称14,780人収容可能らしいが、どう見てもそこまでは入らないと思われる。

 スタンド中段に横の行き来が可能な通路が確保されているが、通路はこの中段のもののみのため、行き来が大変しにくい。

 トイレはセンターと両翼ポール際にある。

 

 設計上のミスと言わざるを得ないのがバックスクリーン。

 本来であればこの場所にスコアボードも配置したいところであろうが、入場ゲートやらトイレがあるために、現状ではライトスタンド側にスコアボードを置かざるを得ない。

 そしてこの場所が大事なコンコースに相当するために、バックスクリーンを極力フィールド側に配置しなければならない。とすると今度はその前に出た分だけ、レフトスタンドからスコアボードを見た際に視界を遮る格好となってしまった。

 それだけならまだしも、スコアボードをせり出させてまでこの大事なコンコースに当たる部分を作り出したにもかかわらず、売店を営業する場所がここしかないために、プロ野球開催時には大混雑必至で営業をしている。

 レフトスタンドからスコアボードを見ると、前にせり出したバックスクリーンと旗のポールが遮っている。

せり出したバックスクリーンの裏側には外野席唯一の売店がある。トイレや入場ゲートがあるために、付近は大混雑であった。

 周辺の環境(球場後方に市道があることなど)から、外野スタンドの拡張や芝生席の座席化などは困難ではあるが、改善を待ち望みたい。

スコアボード

 

  バックネット裏にはカウント表示のみ。放送席ブースの上部に取り付けられている。 

スコアボードはLED式。本塁打数や打率も表記されるグレードの高いもの。選手名表示の部分は横長のスクリーンとしても使用可能。

コンコース

 

内野のコンコースは広々としており、外野のそれとは大きく異なる。スタンドへは階段を昇って入場する格好。

広いのでグッズの売店があっても通行に支障はない。