スポーツの雑学・豆知識

野球、サッカー、球技、格闘技、その他スポーツについての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

刈谷球場の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

 

愛知県刈谷市の亀城公園内に所在する野球場。この辺りはかつて刈谷城があった地帯で、その跡地に野球場が建設された。球場に隣接して今でも刈谷城の堀や土塁の跡が残り、城も好きなマニアにはたまらないロケーションの球場。

 開業は1950年で、その年に行われる国体へ向けて建設された。特異な事にサッカー場も兼ねて使用できるように設計されたため、外野フェンスのラインが現在よりも直線的であった。その後、1994年に改修され現在の姿になり、今ではごく普通の野球場の形となった。

 開業当初は一軍公式戦が行われたこともあったが、現在では中日ドラゴンズのオープン戦が隔年で開催されている。スタンドの規模は一軍の試合を開催するには少々手狭だが、愛知県内の野球場では定期的に開催されている球場のひとつ。

 ライトスタンド裏にはすぐ民家が立ち並び、試合前の打撃練習では場外へ打球が飛ぶ光景が見られる。  

基本情報

■愛知県刈谷市城町1-49
■両翼 95m  中堅 122m
■開場 1950年
■収容 15,000人 

アクセス

 

 最寄り駅は名鉄三河線の刈谷市駅。下車後、刈谷城の旧城下町地区を縫って歩いていくと徒歩約15分。途中、刈谷城の門の跡や史跡が点在しており、軽い歴史散策である。
 また、JRの逢妻駅からもアクセス可能で、こちらも下車後徒歩約15分と近い。

 地方球場ながら鉄道でのアクセスが良いのがウリではあるものの、買い出しを出来るような店舗は道中ほぼ皆無。唯一、刈谷市駅からアクセスすると途中にサークルKがあるくらい。買い出しは事前に済ませた方が賢明。

 駐車場は球場の無料駐車場が240台確保されている。プロ野球開催時には臨時駐車場が設けられ、球場から亀城公園を横目に刈谷市体育館の方へ北上し、さらに超えた左手の空き地が解放される。

 筆者の所感だが、鉄道でのアクセスは良いものの、クルマ社会の愛知県だけあって大半の観客はマイカーでのアクセス。試合終了後の渋滞は覚悟されたい。

 

ギャラリー

 

内野スタンド

 

 フィールドは内野がクレー舗装、外野が天然芝。ホーム後方には"KARIYA"のペイントがある。

 内野はスタンド自体が小さく、両サイドのベース辺りまでしかない。また、シートも全席背もたれなしのロングシートと少々寂しい設備。ただ、バックネットの支柱などはスッキリ設計されていたり、シートの前後に幅があったりと観戦はしやすいスタンドだ。

 

外野スタンド

 

 センター入口の裏は、道を挟んですぐ民家の玄関が並ぶ生活感溢れるロケーション。

 外野スタンドは全席芝生席。改修された際にフィールドが拡張されたため、狭い上に傾斜が少々急峻だが、見やすいスタンドである。外野スタンドは内野まで入り込んだ造りになっており、内野のギリギリまで行く事が出来る。

 ただ、スタンド内に木が何本か植樹されており、結構と邪魔になる。普段解放しない場所ではあるだろうが、ここに植樹するのはミスでは…?

 

スコアボード

 

バックネット裏はカウント表示のみ。この支柱が長く上に伸び、バックネットも支えている。 

メインスコアボードは磁気反転式。球速表示があるくらいで、オーソドックスなタイプのスコアボード。DH制にも対応している。 

コンコース

 

 

 球場改修の際に恐らく限られた敷地内で拡張したため、ギリギリの設計が各所でなされているのがこの球場の特徴。内野のコンコースもそれが顕著で、かなり狭い通路で離合するのもやっと。

 ただ、こんな中でも売店を運営できるスペースが確保されている。これは外野スタンドでも同様でセンターのバックスクリーンの下部に設置されている。狭い敷地ながら効率よく出来るような設計は好感が持てる。ただし、扱う商品数はそれだけに限られているので、内容はあまり期待はできない。