スポーツの雑学・豆知識

野球、サッカー、球技、格闘技、その他スポーツについての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

いわみスタジアムの概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

島根県邑南町(おおなんちょう)に所在する野球場。開場当初は邑智郡石見町の所有で、球場名も行政名にちなんで命名された。

その後石見町は2004年に周辺3町と合併し邑南町となったものの、球場名称は変更されずに現在に至っている。なお、プロ野球の日程表などでは現在でも「石見」で表記されている。

地元ではいわみ雲南ロードハーフマラソンの発着地点としても知られている。

1994年の開場で、プロ野球では広島東洋カープが二軍戦を2年に1回ペースで開催している。ちなみに2015年現在、島根県内で開催されるプロ野球はこの球場でのみである。

広島市内から車で高速使用して1時間ほどの距離でもあり、広島ファンが多く駆けつける。が、公共交通機関でのアクセスが非常に悪く、最寄りの鉄道なども存在しない。恐らく日本のプロ野球を開催する野球場の中では恐ろしく行きにくい野球場であろう。 

基本情報

 ■島根県邑智郡邑南町矢上7079-1外
■両翼 98m  中堅 122m
■開場 1994年
■収容 7,000人

アクセス

電車・バス

前述の通り球場が山奥に存在するため、最寄の駅からアクセスできる環境ではない。

 唯一の手段は、広島市内などから発着している浜田道を走行する高速バスを使用し、瑞穂インターにて一旦下車。そこから邑南町営のバス"おおなんバス"に乗り換え、いわみ温泉口バス停、もしくは香木(こうぼく)の森バス停で下車後徒歩10分ほど。しかし、運行本数が一日に6本である上に、プロ野球が開催される土日に至っては2本に減便。しかもデーゲームが終わる時間には運行が終了しているというありさま。事実上、自動車でのアクセスをするほかないようだ。

自動車

 無料駐車場が完備はされているものの、山を削って造成した砂利の臨時駐車場。

 その駐車場も早々に満車になるため、球場前の道路には路上駐車の列ができる。駐車禁止地帯ではないので、係員の指示に従って駐車可能なのだが、これもこの球場の風物詩。また、球場の周りにはコンビニやスーパーなどは一切なく、一番近くても3km離れた役場の辺りにポプラがあるのみ。食料調達は事前に済ませておくのが理想。 

ギャラリー

 

内野スタンド

 

 

 フィールドは内野が土で外野は天然芝。中国山地の山間の雰囲気を多分に味わえる観戦環境である。

 内野バックネット裏スタンドは、全席背もたれなしのロングシートタイプ。シートが存在するのはこの場所だけであるが、前後幅がかなりきつめに設計されており窮屈である。
 また、バックネットが金網で張りめぐらされており正直観戦しにくい。最も高いチケットの割に損した感が否めない。

 一方、完全に分離されている内野スタンド。こちらは全席芝生席で、ブルペンを間近に見る事ができる。ネットもそこまで視界を遮る事もなく、傾斜も付いているのでネット裏よりも好ポジションかもしれない。

外野スタンド

 

 

 外野席は全席天然芝生席。両翼間の行き来も可能な構造になっており、バックスクリーンの裏側は山を切り開いた山肌が露出している。キャパは狭いが、二軍戦を開催するには十分な広さで、傾斜も程よく見やすい。

 なお、スタンドの入口には係員がいるものの何とも適当で、チケットを見てるんだか見てないんだか…。挙句の果ては試合中に席を離れてる時間があり、事実上無料開放地帯と化していた。

スコアボード

 

スコアボードは得点表示は磁気反転式で、選手名表示はパネル式。ソフトバンクのチーム名が"福岡"での表記であるのもなかなか珍しい。所々錆がひどく、全くメンテされていない感。 

バックネット裏はカウント表示に加えて判定表示もある。座席のすぐ裏なので、その座席の人間が立ち見をしていたら選手からは確認できない。  

コンコース

 

 スタンドにはコンコースがないため、球場周囲を仮設テントが連なり売店が営業。焼きそば、フランクフルト、炊き込みご飯などが販売されていた。また、地元邑南町のゆるキャラ(オオナン・ショウというらしい)グッズや、麦わら帽子の販売などもあってローカルな匂いがプンプン。

 観客用トイレも当然ながらスタンドにはなく、全てスタンド外の簡易トイレにて対応。山を切り開いて球場が建設されたようで、正面スタンド裏には岩肌が露出している。試合中観戦に飽きたこども達のロッククライミング場と化していた。

 また驚いたことに、1996年にこんな秘境球場にも名球会のメンバーで野球教室に来たことがあるらしい。その際の手形のモニュメントが球場正面に飾られている。

 近いので広島OBの山本浩二や衣笠祥雄が来ることは理解できるが、世界の盗塁王・福本豊やあの門田博光まで来たのかと思ったら思わず吹き出してしまった。さぞかしその時は町の一大イベントであったことだろう。