スポーツの雑学・豆知識

野球、サッカー、球技、格闘技、その他スポーツについての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

マスカットスタジアム (倉敷スポーツ公園野球場)の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

 

岡山県のメインスタジアムで、正式には倉敷スポーツ公園野球場という。

1995年の開場で、一般公募により愛称のマスカットスタジアムと命名された。この時代、野球場に愛称を付ける先駆けとなった球場でもある。

 マスカットは岡山県の名産で、「外野の芝生がマスカットのように緑色」というのがコンセプト。名前に恥じない立派なフィールドを備えている野球場だ。

 阪神が主催試合を毎年行っている。過去には中国地方ということで広島が主催試合を行っていた時期もあり、広島主催の阪神戦もしばし行われていた。(しかし、観客の大半は阪神ファンであった)

 野球場はフィールド、スタンドともに国内最大級で、また、アクセスが良いのも非常に便利。プロ野球ファンへの知名度も非常に高い、もはや名のある地方球場だ。

 

基本情報

所在地 岡山県倉敷市中庄3250-1
アクセス JR山陽本線「中庄」駅下車 徒歩10分
グラウンド 両翼99.5m 中堅122m
収容人数 30,494人
駐車場 500台(無料)
イベント時は臨時駐車場2000台

 

アクセス

電車・バス

 最寄りはJR山陽本線の中庄駅で下車後徒歩8分。中庄は岡山駅から4駅、倉敷駅からも1駅で地方球場としては非常にアクセスは良い。

 中庄駅はマスカットスタジアムの開業に合わせて改修工事が行われ整備された。また、多客時用に臨時ホームも存在している。 

自動車

 倉敷スポーツ公園で常時開放されている駐車場が500台ある。更にプロ野球が行われる日には臨時駐車場が随時開放され、最大約2000台まで駐車が可能となる。いずれも無料。

 球場の近いとこから早い者勝ちのため、最後の方はかなり離れた場所に停めさせられるので要注意。 

ギャラリー

内野スタンド

 

 立派な内野スタンドは地方球場の中でもトップレベルである。各所に使用されている青色のタイルがアクセントとなっていて美しい。

フィールドは内野が土、外野は天然芝。内野のファールゾーンのみ人工芝が使われている。この球場の特徴でもあるが、どこの座席でもプレーが見やすく、上段席でも勾配が程よい角度で全く遠さを感じさせない。

 シートはバックネット裏からベンチ上の辺りまで跳ね上げ式。それ以外の座席および二階席は固定式のセパレートタイプ。

 外野を含めた球場全体のシートのほとんどがグリーンだが、バックネット裏のみブルーとオレンジになっており、正直あまり統一感がない。

 

外野スタンド

 

  外野席はセパレートタイプのシート。間隔もほどよく、シートの下部に荷物を置くこともできる。 

外野スタンドはキャパも広く、10,246席を収容。

 地方球場ながら芝生席でもロングシートでもなく、全席セパレート式の座席で、国内の本拠地球場と肩を並べられる設備である。

 また、遮るものがないので、非常に観戦しやすく、どこの座席でもゆったりと見る事ができるのが特徴。通路が中段と最上段に設けられており、移動も非常にしやすい。

 

スコアボード

 

 スコアボードは電光式。いたってシンプルなデザインな上、いかにも後から追加しました的な8本の柱の上にあるのは正直デザイン的に残念。

 また、内野からでは文字が小さくて見難いのも欠点だ。

コンコース

 外野コンコースは、スタンド部分が屋根になっており、雨天時にも効果を発揮しそうだ。

内野コンコースは幅も広く取られており、売店用のブースもきちんと用意されている。

上段席コンコースは幅は狭くなるものの外部の明かりが取り込まれて開放感に満ちている。