スポーツの雑学・豆知識

野球、サッカー、球技、格闘技、その他スポーツについての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

佐伯総合スポーツ公園野球場の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

 

 「生活するようにスポーツする」をコンセプトに造られた佐伯総合スポーツ公園の中に所在する野球場。完成は1995年と新しい。 「生活するようにスポーツする」をコンセプトに造られた佐伯総合スポーツ公園の中に所在する野球場。完成は1995年と新しい。
 廿日市市は広島市に隣接する広島県西部の都市。野球場は山の上の高台にあるため、非常にローカルなムードが漂う野球場だ。
 広島東洋カープの二軍が毎年のように公式戦を行っており、盛況している。
 グラウンド管理や照明設備もしっかりしており、今後もウェスタンリーグに使用されそうだ。  

基本情報

所在地 広島県廿日市市津田545
アクセス 広島電鉄「廿日市市役所前」駅より
広電バス「佐伯中学校前」下車徒歩5分
グラウンド 両翼92m 中堅120m
収容人数 約3,000人(椅子席:260人)
駐車場 あり(無料)

 

アクセス

電車・バス

 球場は山間部にあり、近くに鉄道は通っていないためバスでのアクセスとなる。

広電宮島線の廿日市市役所前駅から広電バスが出ている。この駅では下りホームが電車とバスで乗換えが楽に出来るように設計されており、初めての者もバス停の場所を迷わず把握できるであろう。

津田行きのバスで約38分(¥660)、佐伯中学校前で下車して徒歩5分ほどだ。

また、JRの宮内串戸駅からも、先述の津田行きの広電バスが停まるので、こちらも利用可能。(¥630)

ただ、バスは本数や時間の問題もあるので、大半はマイカーでのアクセスが多い。
駐車場も完備されており、ウェスタンリーグ開催日には近くの佐伯中学校の校庭を開放し、大型駐車場としている。しかし、この駐車場からの野球場への道のりが凄い。坂道と言うよりは山道である。林の中を長い階段が続いており、お年寄りには攻略は困難だ。


道標のごとく試合会場の矢印が描かれた看板が所々に立っているので、迷いはしないが何せ遠い。

しかも駐車場である中学校の校舎の敷地を出ると、来訪者の車が行き来しており、大変危険だ。

山登りをしないとどうやら野球を見せてくれないらしい。階段の途中くらいで、野球を見に来たことを忘れそうになったのはきっと筆者だけではないだろう。

やっとの思いで頂上に登りつめるとテントを張った入場券売場がある。ウェスタンで大人1,000円の高値に、先程の山道とダブルパンチを喰らう。

気付けば自分がえらく標高の高いところに居る事に気付く。

自動車

 

ギャラリー

入場すると、意外にも売店が多いことに驚かされる。

焼きそば、飲み物(ペットボトルが100円と安い)、カープのグッズ、かき氷などよく見かける商品が並ぶ先に、なんとカブトムシが餌と虫カゴ付きで販売されていた!

今まで数々の野球場を見てきた筆者でも、これにはさすがに驚いた。カブトムシの販売をしている野球場は全国でここだけであろう。

しかも、野球場へ来て誰が購入するのだろうと見ていると、思った以上に売れ行きが良い。子どもたちが、見ると欲しくなってしまう習性をよく捕らえた商売だ。

山奥の野球場だけに一つ一つが興味深い。

フィールドは、内野土、外野天然芝で非常に管理が行き届いている印象を受ける。
また、ファールゾーンも広く、本格的な野球場感を匂わせる。照明塔は6基で、規模は小さいもののナイターも可能。

周辺を山々に囲まれているため非常に気持ちの良い野球場だ。

 

スタンドはバックネット裏に椅子席が260人収容できる。全て長椅子席で、長時間の観戦では結構辛い。

ただ、観戦角度や前後のスペースの間隔などが非常にゆとりがあり、荷物を置いても支障がない。

バックネットを支える支柱が多少目障りではあるが、野球を見るには非常に良いポジションだ。

また、バックネット裏以外は天然芝生席になっており、レジャーシートを広げて観戦するなどピクニック気分で観戦できる。

ただ、あまりにもスペースが広いため、子どもたちがキャッチボールをしたり、走り回ったりしてしまうので野球観戦したい人には落ち着かない。

このあたりの警備をもう少ししっかりして欲しいものだ。

ちなみに、一塁側の芝生席には仮設テントが設けられ、吹奏楽のアンサンブルがいた。

試合前に音出しなどをしており、いつ演奏するのかと思い待っていたがなかなか演奏しない。

なんと、最初に演奏を始めたのは7回の攻撃の合間。しかも、この日のカード、中日と広島のそれぞれの球団歌を演奏し始めた。

7月の暑い陽気であったが、7回まで何もせず待機というのも非常に酷な話である。

外野席にも行く事は可能だが、座るとフェンスに隠れてしまい、観戦は出来ない。
基本的に立ち見での観戦となる。

 

また、外野にはスコアボードと選手名表示がされているが、なんと選手名ボードは仮設だったようで、試合が終わると撤収されていた。

木材を組み合わせて立てられていただけなので、非常に脆そうだ。毎年開催することだし、ここは常設のボードを作ってほしいところ。

野球場のアクセスは悪いながらも非常に賑わっており、楽しく観戦できる。

野球をじっくり見るも良し、弁当持参でレジャーシートで見るも良し。二軍でもまた来たいと思わせる演出が溢れている野球場だ。