スポーツの雑学・豆知識

野球、サッカー、球技、格闘技、その他スポーツについての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

周南市野球場 (津田恒美メモリアルスタジアム)の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

 

山口県周南市に所在する周南緑地運動公園内にある野球場。
1971年の開場で、当時は行政名が徳山市であったため徳山市野球場といった。2003年に徳山市が合併し、周南市になったことにより、球場名も併せて変更された。

過去には公式戦を開催していたが、1990年に日本ハムが開催して以来行われておらず、現在ではオープン戦を開催するに留まっている。

元広島の津田恒美が地元の南陽工高出身で、高2の夏にこの野球場で完全試合をした。
2012年に津田の野球殿堂殿堂入りを機に因んだ愛称を公募。津田恒美メモリアルスタジアムとなった。

球場外周にソテツが植樹されており、南国風のムードも漂う。また、ライトスタンド後方には、石油コンビナートの煙突群が見え、工業都市らしい風景が広がるのが特徴だ。

2011年に山口国体が行われたため大規模な改修が行われ、グラウンドの拡張やスコアボードが変更された。

 

基本情報

所在地 山口県周南市大字徳山405-1
アクセス JR山陽本線「徳山」駅より
防長バス「緑ヶ丘運動公園前」下車徒歩5分
グラウンド 両翼100m 中堅122m
収容人数 15,000人
駐車場 無料(周南市総合スポーツセンター駐車場)

 

アクセス

電車・バス

 野球場がある周南緑地運動公園は割と街中にあるため、アクセスは良好である。

JR山陽本線・徳山駅から防長バスを利用するのが最も一般的のようだ。緑ヶ丘循環に乗り、約10分の緑ヶ丘運動公園前で下車。

地理的には徳山駅に比べ隣の櫛ヶ浜駅の方が近いようで、こちらからでは徒歩で約10分程で到着する。 

自動車

 国道2号線沿いということもあり分かりやすい。また、山陽道の徳山東インターからも程近いので、県内各所からも勿論だが、他県からのアクセスも良い。

球場の駐車場はキャパにも限界があるため、プロ野球開催時には隣接する総合スポーツセンターの敷地が臨時駐車場として開放される。

ギャラリー

内野スタンド

 

 

 

フィールドは内野が土、外野は天然芝。

 内野席は、バックネット裏下段が背もたれ付きシートで、それ以外から一・三塁側まではベンチシート。

 内野から見るとライトスタンドの後方には、周南コンビナートの煙突群が見える。国内有数のコンビナートを野球場から眺める事が出来るのも、なかなか貴重だ。

 

外野スタンド

 

  スタンド最前列と最後部に十分な幅の通路が設けてある。満員時には通路での立見や座り込む者もいるため、意味を成さないのが現状。 

外野席は全面芝生席で、フェンスも低く見やすい。

 スタンドおよびコンコースには売店はなく、グッズ・飲食物などの売店は全て球場の外にテントを組んで営業していた。

 2011年の改修前はスコアボードがセンターよりライトスタンド側にあったため、ライトスタンドの収容人数が少なかったが、それも解消。

 スタンド内には前後の通路に加えて、スタンドを斜めに降りるスロープも新たに設置され、バリアフリーの面においても往来の自由度においても進化した。

 

余談ではあるが、2009年に行われたオープン戦では驚いた事に14:00~14:30までの時間限定で鳴り物禁止であった。

聞いたところによると、近くの学校で英語のリスニングテストがあるためだそうで、こんな事は筆者も前代未聞の珍事であった。


そもそも、市を挙げて行われる何年かに一度しかないプロ野球開催が、たとえ30分間でも英語のリスニングテストに左右されたわけである。試験日を変更するか、日程を変更するか、どちらかは必ず可能だったのではないだろうか。


主催者が悠長なのか段取りが悪いのか、どちらにせよ「試験>プロ野球」ではこの日来た野球ファンに失礼な話である。

スコアボード

スコアボードは映像表示も可能なフルカラーLED方式。山口県内の野球場では初の採用。しかし、同性の選手を表示する際に、名前を一文字表記するのが通例だが、ここはフルネームで表記されていた。

リニューアル前のスコアボードはパネル式で、バックスクリーンからライト側にズレた場所に存在。 審判名表記や高校野球用に試合結果を表示する枠もある、なかなか立派なものであった。

コンコース

 

内野のコンコースは入場ゲートからすぐにスタンドへの階段がある。スペース的に売店などは配置できない。

リニューアルされて球場内の案内看板なども一新されていた。

また、広島市民球場時代に、選手がブルペンからマウンドへ向かう前に、触って闘志を貰ったという津田プレートのレプリカがこの球場の何ヵ所かにも設置された。