スポーツの雑学・豆知識

野球、サッカー、球技、格闘技、その他スポーツについての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

ユーピーアールスタジアム (宇部市野球場)の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

山口県宇部市に所在する恩田運動公園内の野球場。正式名称は恩田運動公園野球場といい、通称で宇部市野球場という。

開場は1941年と古く、当初は球場名も宇部市営恩田野球場といった。1998年に改装され、現在の姿になっている。

2011年からは、宇部に本社機能の一部を置く、パレットなどの物流レンタルを業務とするユーピーアール社が命名権を取得し、ユーピーアールスタジアムとなった。

プロ野球の一軍公式戦においては、改装直後に広島が2年続けて主催試合を行った後しばらく遠ざかっていたが、2011年に12年ぶりに読売主催で公式戦が開催される運びとなった。

しかし、この年は東日本大震災の影響で開幕が2週間ずれ込み、たまたま宇部で公式戦を組んでいたその日が開幕戦にあたる事となり、読売はまさかの宇部で開幕を迎える事となった事で話題となった。

 オープン戦や二軍戦は不定期で開催されており、最近では広島よりも福岡ソフトバンクが遠征にやってくることが多くなっている傾向にある。 

基本情報

 ■山口県宇部市恩田町4-1-4
■両翼 100m  中堅 122m
■開場 1941年
■収容 13,000人

アクセス

電車・バス

 最寄り駅はJR宇部線の草江駅で、下車後徒歩で約18分。また、同じく宇部線の東新川駅からでも同じくらいで、地方球場の中ではアクセスはまあまあ良い。

 また、球場近くまでバスで行く場合、宇部市交通局のバスが各方面から出ているので、恩田運動公園バス停、もしくは恩田バス停からでも歩いていける。

自動車

 

駐車場は恩田運動公園の駐車場が無料で使用できる。プロ野球開催時にはR190の混雑を避けるため、競技場入口交差点からは進入できないようになっているので、球場の正面から公園の裏を回っていくと駐車場への導線がある。

 運動公園の駐車場には台数に限りがあるので、プロ野球開催時には東部体育広場(宇部市明神町2-2フジグラン宇部横)に臨時駐車場が設けられている(2016年現在)。ここから球場までは無料のシャトルバスも10分おきに運行されている。

ギャラリー

内野スタンド

 

 

 フィールドは内野がクレー舗装、外野が天然芝。改装されフィールドは申し分ないサイズとなった。

 スタンドは一層式でバックスタンドに屋根もある。バックネット裏のみ背もたれ付きの固定式シート、それ以外の内野席でも背もたれは無いもののセパレート式。改装を機に非常にゆったりとした設計にされたようで、スタンドの傾斜もほどよく快適に観戦ができる。

外野スタンド

 

 外野スタンドは全席芝生席。傾斜が緩く、前の方はフェンスが視界を遮り見難い。キャパはそこそこある。

 センター一箇所からの入場で、売店やトイレなどもここに集められていた。

 これといって何の特徴もない野球場なので周囲を見渡すものの、宇部らしい景色が見られるわけでもなく公園の木々と住宅街しか望めない…。

スコアボード

 

 バックネット裏はカウント表示の他に、判定表示も付いている。

メインスコアボードは磁気反転式。高校野球用にその日の試合結果が3試合分掲示できるようになっている。命名権導入でスコアボードにも名称表記がなされ、味気ないスコアボードが少し華々しくなった。

 

コンコース

 

非常に整備されていて綺麗なコンコースではあるが、敷地ギリギリで造った訳でもないのに窮屈さを感じる雰囲気。もう少しゆとりある設計にはできなかったのであろうか。

このコンコースの中には2015年からトレーニングジムがあり1回300円。スポーツ人口の底上げが目的らしいが、意外に好評らしい。