スポーツの雑学・豆知識

野球、サッカー、球技、格闘技、その他スポーツについての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

平和台野球場の概要・基本情報・設備を画像つきで紹介

かつて西鉄ライオンズが本拠地としていた野球場。福岡城址の中に建設され、1949年に完成した。

西鉄の黄金期には大盛況であったが、晩年に黒い霧事件が発覚してからは観客数も激減。

西鉄から太平洋クラブ、クラウンライターと移り変わってからも本拠地として使用され続けたが、1978年に西武に買収された際にライオンズは埼玉へ移転。九州の球団は一時無くなる事となった。

しかし、1988年に南海ホークスがダイエーに買収されると、本拠地を福岡に移転すると発表。10年ぶりに本拠地に平和台球場を使用する事とし、かつてライオンズのライバルであったホークスを迎える格好となった。

しかし、ホークスを迎える前に球場改装工事をしていた際に、球場の敷地の下に鴻臚館遺跡が発見され、これが球場廃止へ決定的なものとなった。また、当時ダイエーも福岡市中央区に福岡ドームを建設する事を決めており、平和台球場は1992年を最後にプロ野球の本拠地としての役目を終えた。

1997年に閉鎖され、遺跡の発掘作業に取り掛かっており、現在では外野スタンドの壁の一部のみが残る。

また、入口には西鉄ライオンズのOBによって記念碑がつくられ、後世にその存在を伝えている。

野武士軍団と言われた西鉄ライオンズ。

平和台のスタンドは常に熱気が溢れていた。

その九州ならではの気性の荒いファンの気質は、球団は変わったもののホークスファンへ受け継がれている。

平和台球場なくして今の九州でのプロ野球を語ることは出来ないであろう。

福岡ドームへ舞台は移されたが、平和台球場は今もなおプロ野球の歴史にしっかりと刻まれている。

基本情報

所在地 福岡県福岡市中央区城内1-2
アクセス 福岡市地下鉄「赤坂」駅下車 徒歩5分
グラウンド 両翼92m 中堅122m
収容人数 34,000人
開場・閉鎖 1949 - 1997