八極拳の技一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冲捶 (ちゅうすい)

腰に構え、体を横に向けながら放つ威力重視の突き技。

川掌(せんしょう)

拳でなく掌で打つ冲捶。

震脚(しんきゃく)

八極拳独特の、攻撃の命中する瞬間に、地面を強く踏みつける発勁の用法。威力分だけ攻撃の威力を増すが、高い蹴りや跳躍技、投げ技には用いられない。

裡門頂肘(りもんちょうちゅう)

八極拳が得意とする、肘による攻撃法。肘を下から突き上げるように立て、踏み込んで放つ。

纏(てん)

腕を使った防御特技で、肘や肩の回転で小さな円を描くように腕を回し、敵の格闘攻撃を弾き逸らす。

向捶(こうすい)

敵の攻撃が外れた際に、相手の伸びた腕の内側に自分の腕を添え、そのまま踏み込み、添えた腕を曲げて顔を守りつつ、もう一方の腕で腹部を打つ突き技。

この攻撃は、「外れた攻撃」に対する反撃技である。

白馬翻 (はくばほんてい)

相手の攻撃を受けたとき、外に体を逃がしながら腕を掴み、背中合わせになるように背後に回り込むか、横に並びながら腕を引いて崩し、自分の足を相手の股の間に差し入れて、膝の脚を後ろに蹴り上げる。ダメージを与えるよりも、相手を「転倒」させる為の「投げ技」。

大纏(だいてん)

威力分だけダメージを軽減する防御特技。腕と体全体を使い、大きく開いた腕を回して両腕で円を描きつつ敵の攻撃を包み込んでいく受け技で、体当たりなどの攻撃にも使用可能。

梱鎖歩(こんさほ)

超接近戦時に敵の脚に自分の脚を添え、外や内から押すことでバランスを崩す足技。回避や防御は不能、成功すれば必ず「よろめき」となる。

金鶏抖翔(きんけいとうしょう)

相手の攻撃をなんらかの特技で受けた後に用いる投げ技。技としては、敵の攻撃を受けざま、腕を掴んで上へとあげ、相手の胸に頭を付けるように踏み込み、両肩にのせて横担ぎにし、頭から落としてしまう。

双撞掌(そうどうしょう)

両腕を揃えて胸を打つ掌による攻撃で、防御点を半分としてダメージを与える。

鳳凰双展翔(ほうおうそうてんしょう)

敵の攻撃を回避した直後、背中合わせになるように背後に回り込み、両腕を広げながら勁を高めて体当たりを浴びせる反撃技。

三迎不門顧(さんげいふもんこ)

「八極拳」に伝わる実戦用の秘伝技。回避した直後に使用できる反撃技で、顳、目もとを打ち、返す手で腹部を強打する。

大浙江(だいせつこう)

胸の前に両腕を狭く揃えて伸ばし、相手の攻撃を受けつつ下へと叩き落とし、姿勢の崩れた敵を、両腕で顎と胸を打ち上げる技。

寸勁(すんけい)

触れるか触れないかの距離から、腕を使って衝撃力だけを伝える発勁法。敵に接触するだけでダメージを発揮できる、非常に短い間合いの攻撃。

大纏崩捶(だいでんほうすい)

攻撃の回避直後、あるいは「大纏」で防御した後に使える反撃技。敵の攻撃部分を肩か腕を使って外から押さえ込み、一歩踏み込みつつ、敵の足下から掬いあげるように打ち上げる。

活歩 (かつほ)

「震脚」を踏んだ後、地面を氷の上を滑走するように滑りながら移動、一瞬で間合いを詰めてしまう特殊な歩法。

猛虎硬爬山(もうここうはざん)

八極拳の名手「李 書文」が、生涯好んで使ったとされる八極拳の絶技。掌による連続技で、相手の腕を駆け上がるごとく打ち込む技。

浸透勁(しんとうけい)

相手に触れている掌から、練り上げた気の衝撃を叩き付ける打撃法。

雷華崩拳(らいかほうけん)

漫画「ネギま」より

桜華崩拳(おうかほうけん)

漫画「ネギま」より

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加